読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

啓蟄・蟄虫啓戸

今日から二十四節気の「啓蟄」(けいちつ)、七十二候では啓蟄の初候、「蟄虫啓戸」(すごもりむしとをひらく)

冬眠していた虫たちが目を覚まし土の中から姿を表すころ。ここでいう「虫」にはいわゆる虫に限らず冬眠から目覚める全ての生き物を指すそう。

 

ようやく日中の気温が過ごしやすくなってまいりました。ただ三寒四温とはよく言ったもの。まだ朝晩の寒暖差もあり、なおかつ日によっても気温差が上下する日々が続きます。

 朝何着て出かけようか悩む今日この頃。

 

 

 

陽だまりで 巣ごもり虫の 戸を叩く