読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨水・土脉潤起

今日は二十四節気の「雨水」。七十二候では雨水の初候、「土脉潤起」(つちのしょううるおいおこる)。

「雨水」は空から降ってくるものが雪から雨へと変わる頃という意味で、その雨で大地が次第に潤うようになる頃、というのが「土脉潤起」の意味だそうで。

昨日は関東でも春一番が吹いていよいよ暦の上でも気候の上でも春が近づいてきてるなぁ、と感じたり。

 

とはいえまだまだ寒い頃。今日も日がな一日布団の中で過ごしていましたとさ。

 

 

春近し 寒さ知らずの 夢の中